ドン松五郎シリーズ

映画「ドン松五郎の生活」(1986年)

この作品見たことがない方~、是非見て下さい!面白いですよ!人間の言葉を喋る犬、ドン松五郎をめぐって起きる騒動を描いた映画で、ほかにもシリーズでいくつか映画化されていますよ☆

噂のティーカップ犬 五ツ橋 ういろうは様々な味の商品をご用意しております。 定番の小豆からちょうど今ぐらいが食べごろになっている安納芋など、各種取り揃えております。 好きな味、きっと見つかります!

映画「ドン松五郎の生活」ストーリー

前半
松沢圭子(西村知美さん)は小学生の頃、家族とハイキングしていたときに、一匹の仔犬を拾います。仔犬はドン松五郎と名づけられました(笑)それから3年が経って、圭子は中学生になりました。圭子の父親・松沢きよし(前田吟さん)は売れない小説家で、副業としてTVの奥様ワイドショーの企画を担当しているのですが、今日も松沢家に、野山プロデューサー(藤岡琢也さん)が訪れて、新鮮な企画はないかときよしをせっつきます。見かねたドン松五郎は、犬族の淀を破って、ワープロを使って喋ってしまったのです。その事実は野山に知らされて、ドン松五郎は圭子と一緒に奥様ワイドショーに出演することとなります。ワープロを打て、人間の言葉がわかる犬として大スターになるドン松五郎。圭子の母、松沢久子(名取裕子さん)がTV局と契約したり、サイン会に付いていったり、CMに出演する際についていったりと、マネージャーとなりドン松五郎は忙しい日々が続きます。
中盤
内閣調査室長の土屋(石橋蓮司さん)は、総裁選挙を控えていました。そして、福山教授(小沢栄太郎さん)の犬は人間の言葉を理解するという研究をもとに、犬を訓練して政治に利用することを考えていたのです。土屋はドン松五郎に興味を持ち始めます。奥様ワイドショーの特別版に、再び圭子と出演したドン松五郎は、評論家の和田にペテン師よばわりされて、怒った勢いで全ての犬は人間の言葉がわかると口を滑らせます!さあ大変!それを知った人間たちは犬を捨てはじめ、ドン松五郎の恋人おぎんも捨てられました。おぎんの飼主は政治家・岡崎で、闇献金の取り引きの際、おぎんがそばにいたという理由から捨てたのです。ドン松五郎は犬の掟を破ったので、犬たちの裁判にかけられました。そこへ圭子が登場して「ドンは卑法者でない、どうして皆、自分たちの都合ばかりで目をつぶって、人間の心を変えないのか」と説得します。
後半
政治家の岡崎たちは犬の言葉がわかる圭子を誘拐しました。ドン松五郎は後を追います。通りかかって異変を知った圭子の弟、浩一は、おぎんと共に気球に乗って追跡をスタート!ドン松五郎が途中、仲間の犬に知らせたため、彼の後を犬の集団が揃って追うのです。圭子は一軒の家に連れてこられ、追って来たドン松五郎も岡崎たちに捕えられてしまいますが、犬たちが窓をやぶって飛びこんで来ます!犬の集団に負けた岡崎たちは犬たちに謝り(笑)、やって来た警察に捕まったのです。平和がもどり、圭子と浩一と散歩にでたドン松五郎は、土屋の手下に銃で狙われます。ドン松五郎はそれに気づいて向かっていくのですが、銃声と共に姿を消してしまうのです・・・。松五郎よ、どうなる~~~!?!?!?

映画「ドン松五郎の生活」出演者

一部の出演者の方々をご紹介します!!松五郎ちゃんの声・・・なるほど~(^O^)

※以下表

役名  俳優名
ドン松五郎の声  イルカ
松沢圭子  西村知美
松沢浩一  中嶋義実
松沢きよし  前田吟
松沢久子  名取裕子
角田ふさ  岡田嘉子
野山プロデューサー  藤岡琢也
土屋(内閣調査室長)  石橋蓮司
久保田(政治家秘書)  高城淳一
岡崎富子  塩沢とき
福山教授  小沢栄太郎
岡崎満男  ハナ肇

映画「ドン松五郎の生活」主題歌

主題歌は西村知美さんが歌う『夢色のメッセージ』です(^^)西村知美さんはこの『ドン松五郎の生活』でデビューして、同時に主題歌「夢色のメッセージ」でアイドル歌手としてもデビューしたんですって♪この『夢色のメッセージ』はオリコン最高2位を記録したほどの大ヒット曲です!!!

主題歌「夢色のメッセージ」歌詞

確か歌詞はかんな感じだったかと・・・。一部抜粋してみました~~~☆『愛は読みづらい地図ね きっと迷いやすい道 だけど朝もやのなか いつかひろがる青空 君がいる思い出は あざやかな景色 微笑みはたやさないで 君にも夢を渡したい 幸福も あわてないで 果てなく追いながら彼方まで 虹のふもとへのア-チ 君とたずねてゆきたい ふわりと予感の中  不思議な糸をたどって 君にだけ歌いたい』こんな感じかな~~!?西村知子さん、いまも可愛いけどデビュー当時、めちゃめちゃ可愛いの知ってます!?ポスト菊池桃子さんだったらしいですよ!!ちなみに菊池桃子さんと西村知美さんて仲良しなんですって~♪プチ情報(笑)

犬飼いた~い!

映画「ドン松五郎の大冒険」(1987年)

こちらは「ドン松五郎の生活」の続編というか、第2弾映画です!!でもキャストは総取替えで、新しい映画に仕上がっていますよ!!こちらもやっぱりコミカルで気を抜いて見れます♪「ドン松五郎の生活」同様、人間の言葉をしゃべる犬が繰り広げる人間社会での冒険を描いていますが、今回はドン松五郎とその息子・ジュニアが出演していますよ~!!

映画「ドン松五郎の大冒険」(1987年)ストーリー

「ドン松五郎の大冒険」もお気楽で極楽~な犬コメディ作品です( ̄ー ̄)普通に犬たちが可愛いし、オイオイってツッコみなくなるようなお気楽シーン満載ですので、気を抜いてご覧ください(笑)

前半
雨森えり子と栗田優子は山菜摘みに出かけたのですが、帰路で激しい雷雨にあい、足をすべらせたえり子は崖下へ転落して気絶してしまいます。その時、岩陰からドン松五郎とその息子のジュニアが現われて、えり子を助けてくれます。ドン松五郎のファミリーは人間たちから離れた山奥で暮らしていました。そんな折、ジュニアも人間社会へ勉強しにいく時が来ましたが、ジュニアは海岸にたどり着くと成金家族にサッカーボール代わりに追いかけられて、ケガをしてしまいます。草むらへ逃げ込んだジュニアを助けてくれたのは学校帰りのえり子でした。そして、えり子は祖父・正介と兄・正太と“子供ランド”という自然遊園を経営していたのでそこでジュニアを飼うことにします。その土地を狙う権藤という親子がジュニアをいじめた張本人でした。権藤は息子の毅をアルバイトとして住み込ませ、“子供ランド”に対して嫌がらせを始めます。毅はえり子たちには善良に振る舞っていたが、ジュニアはしっかりその正体を見破っていました。しかし、えり子たちは毅が権藤の息子であることも知らず好青年として認めてしまっていたのです。
後半
ジュニアは権藤親子の悪事をどうにかしてえり子や正太に伝えようとするのですが、うまくいきません。あるとき毅は“子供ランド”のプールにガラスの破片を巻いて、飲料水タンクには下剤を混ぜて混乱におとしいれようとします。(ね。オイオイ、なにその子供っぽい嫌がらせってつっこみたくなるでしょ^^;)翌日大勢の子供たちがプールで足を切って、また水を飲んでおなかをこわして病院に運ばれました。“子供ランド”はマスコミに叩かれ、これ以上経営を続けていくことは難しくなります。そこに権藤が現われ、“子供ランド”の土地を買いたいという。正介らはしぶしぶ手離すことを決めて、契約のため正介とえり子を連れて行こうとします。ジュニアは父・ドン松五郎とその仲間の犬たちを集めて、権藤たちを追跡しました。ジュニアもガールフレンドのダリと共にトラックを運転したり(笑)大活躍。さらにヘリコプターで逃げる権藤たちを、ジュニアやドン松五郎ら犬たちがハンググライダーで追いかけるのです(大笑)そして、とうとう野球場へと追い込まれて犬の群団に権藤親子は降参したのです(^^;)ね。お気楽でしょ。

映画「ドン松五郎の大冒険」(1987年)出演者

※以下表

俳優名  役名
立花理佐  雨森えり子
石黒賢  雨森正太
城戸真亜子  栗田優子
寺田農  南田刑事
阿藤快  神田刑事
沖田浩之  権堂毅
清水由貴子  ユカ
西川のりお  ハンググライダーのコーチ
吉幾三  ダンプカーの運転手

映画「ドン松五郎の大冒険」主題歌

こちらは立花理佐さんが歌っていて彼女の4枚目のシングルになるんですよ~。そしてなんと、作曲と編曲はあの久石譲さま!!!すご~い!!!音楽の神、久石譲さま。で、歌詞はこんなかんじだったかな~。『♪~ちょっと微笑Red あれは私 ちょっと切ないBlue あれはきみの瞳 おとなの目にはBlack 暗くて探せないよ 熱いハートを抱きしめ めぐり逢えるよ~♪』そうそう、こんなでしたね~(^^)

愛犬とのマイホーム