のらくろ

「のらくろ」(1970年)

私のまわりには「のらくろ」という存在さえ知らない人もいるんですが・・・・・!!!!!私てきには『ありえない(T_T)』って気分です。「のらくろ」を知らないって、何歳の人から知らないんだろう・・・。あれ~??おかしいな。私、そんなに歳いってませんよ。30代後半だし。っていきなりここで年齢のカミングアウト(笑)って雑談はあとあと(^^;)とにもかくにも、「のらくろ」は黒い大きな目の野良犬が軍隊に入隊して出世するお話で、1931年から1941年にかけて「少年倶楽部」という漫画雑誌に連載された漫画なんです。そう、もともとは漫画ですよ!このイヌの漫画「ノラクロ」は、と~っても古い歴史を持っているんです。戦前から大ヒットして、日中戦争のころに一時中断したそうなんですけど、また戦後にブームがきます!一時中断の理由は、日中戦争が始まってから、戦争中に漫画なんて不謹慎だとお役所から怒られたからなのだそう。でもさすが「のらくろ」。1970年代からはテレビアニメもはじまるほど、人気は衰えなかったんですね~(^^)ちょっとギャグ線っぽい漫画ですよ♪

噂のティーカップ犬

「のらくろ」の歴史

さきほどご説明したとおり、「のらくろ」は漫画から始まって、テレビへと移行していったんです。では簡単に「のらくろ」の歴史をご紹介しま~す(^^)

1931年から1941年
現在の講談社から刊行されていた「少年倶楽部」にという雑誌で1931年から連載され、1941年に国から日中戦争中に漫画という娯楽は許さないと注意されて打ち切りになりました。
戦後から1989年
日中戦争が終わってから、再び執筆活動を始めて、1981年まで漫画「のらくろ」を執筆します。
1989年以降
漫画の執筆権を弟子の山根青鬼、山根赤鬼、永田竹丸に移して3人は「のらくろトリオ」を執筆し始めます。田河水泡さんの漫画よりもギャグ線なかんじ。のらくろトリオも面白いですよ(^^)

テレビアニメ「のらくろ」(1970年)ストーリー

黒い色の大きな目をした野良犬が主人公です!!その名も「のらくろ」(野良犬黒吉という本名なんです。笑)のらくろがイヌの軍隊へ入隊して活躍するお話です(^^)最初は二等兵だったのらくろが、少しずつ階級を上げて大尉にまで昇進します。のらくろは明るくて、マイペースだけど、野良犬であることを少々気にしているという設定です。入隊してすぐは失敗が多くて、罰を受けたりもするんですけど、徐々に本来の度胸や器用な性格を出し始めて隊の勝利にどんどん貢献していって出世するんです(^^)人間じゃなくてイヌの世界だからこそ成り立つストーリーだし愛嬌がありますよね☆ちなみに、主人公のらくろの声は、声優界の巨匠「大山のぶ代さん」ですよ♪あの声、とてものらくろに合っていて好きだな~♪

テレビアニメ「のらくろ」放映時期

原作は田河水泡さんです!!フジテレビ系列で、1970年10月から1971年3月までの毎週月曜日19時00分~19時30分で放映されていたそうですよ!!全26話です(^^)え!?リアルタイムで見てたかって!?そりゃもちろん、リアルタイムで・・・・は見ていませ~ん(笑)

テレビアニメ「のらくろ」各話について

1970年からテレビ放映された「のらくろ」は全26話ですが、各話のタイトルを書いておきま~す♪マニアになりたい方、また“あれ?あの回ってどんな内容だったっけ?”と、うっかりど忘れされた方などなど、ど~ぞ~ご覧くだしゃ~い(o^▽^o)

第1話
大脱走の巻・特製胃袋の巻
第2話
河童大騒動の巻・火薬庫歩哨の巻
第3話
銃剣術の巻・防空演習の巻
第4話
山ザル隊長捕虜の巻・ガッカリ大手柄の巻
第5話
突撃戦車隊の巻・像狩の巻
第6話
一騎打ちの巻・飛行機を作れ!の巻
第7話
火事だあ~の巻・軍事探偵の巻
第8話
雪の進軍の巻・暴れ馬の巻
第9話
迷子の子ザルの巻・清潔検査の巻
第10話
古池や...の巻・激戦第3高地の巻
第11話
母ちゃん!たすけての巻・斥候の巻
第12話
いい湯だぞの巻・面会日の巻
第13話
西から来た軍曹殿の巻・武士のなさけの巻
第14話
ぼくは一人ぼっちの巻・怪獣退治の巻
第15話
大洪水の巻・スパイ珍作戦の巻
第16話
トレーニングコーチの巻・汝の敵を愛せよの巻
第17話
連隊長殿行方不明の巻・雪合戦の巻
第18話
不寝番の巻・野外演習の巻
第19話
空とぶ戦車の巻・射撃演習の巻
第20話
使命を果せの巻・カッパ沼異変の巻
第21話
寒い国から来た父子の巻・オンボロ軍旗に敬礼の巻
第22話
ミコちゃんSOSの巻・わんぱく大将がやって来たの巻
第23話
大列車作戦の巻・春よ来いの巻
第24話
ウルトラ大砲の巻・がんばれ二等兵の巻
第25話
帰って来た軍曹殿の巻・わんぱく大将捕虜の巻
第26話
蛇の目傘作戦の巻・男は度胸の巻
犬飼いた~い! 江尻ラヂエーター、信頼のラジエーター情報

テレビアニメ「のらくろ」主題歌

主題歌も大山のぶ代さんが歌ってるんですよ~♪

オープニングテーマ「しっぽはぐぐんと」

これは大山のぶ代さんが歌っています!作詞はやなせたかしさん、作曲は山下毅雄さんです!台詞部分は雨森雅司さんが担当しています(^^)

エンディングテーマ「アイアイ・ミコちゃん」

これは天地総子さんが歌っています!オープニング曲と同様に、作詞はやなせたかしさん、作曲は山下毅雄さんです!台詞部分は大山のぶ代さん、松尾佳子さんが担当しています(^^)

田河水泡のらくろ館

みなさん、東京都江東区にある「のらくろ館」はご存知ですか!?「のらくろ」の原作者・田河水泡さんが、幼年期から青年期まで江東区で過ごしたことから、ここに創られたそうです。ここには、原作者・田河水泡さんの生涯についてや、どんな生活をしていたかなど、人となりを知ることが出るそうですよ♪ほかにも、のらくろが上映されていたり、原作者・田河水泡さんが愛用していたイス・机・ペンなども飾られています。そのほかにも実際の絵コンテや作品にまつわるものも展示されているそうなので、「のらくろ」が気になる方は是非足を運んでみてくださいね!ちなみに私、行ったことありますけど、無料にしては楽しめました~☆私が特にイヌ作品が好きだからということもあるでしょうけど(^^)

住所
東京都江東区森下3-12-17江東区森下文化センター内
最寄り駅
都営新宿線・大江戸線「森下駅」A6出口より徒歩8分です。もしくは、東京メトロ半蔵門線・都営大江戸線「清澄白河駅」より徒歩8分です。
電話番号
03-5600-8666
営業時間
午前9:00~午後21:00
定休日
月曜日(年末年始12月29日から1月3日まで休館です)
入場料
無料(うっれし~♪)
駐車場
あります。最初の30分は無料で、それ以降20分ごとに100円です。
愛犬とのマイホーム